たかが人生だと思うくらいがちょうどいい。

  • URLをコピーしました!

どうも、太陽です。(No125)

 

今回は「たかが人生だと思うくらいがちょうどいい」という話をします。

興味がある人は続きをお読みください。

 

目次

1 命・健康に比べたら、たかが人生だ。

 

人生において、重要度は異なります。

趣味<学歴<恋愛や結婚などのモテ<仕事<人生の成功(主に金銭的や地位)<健康<命 の順なのです。(僕が考えた客観的な価値の高さです)

 

箕輪 厚介氏が「死ぬこと以外かすり傷」というフレーズを打ち出しましたが、命こそが一番、重要なのは事実でしょう。

まぁ健康を害したら、かすり傷で済みませんけどね。(だいたい、事故に遭って後遺症が残っても、死ななかったのならかすり傷という意味なら、それは間違っています)

命・健康に比べたら、人生なんて「たかが人生」なのです。

 

僕は勝ち負けにこだわる性格であり、人生もある種の勝負事と捉え、一生懸命にこの人生というクソゲーに挑んできましたが、まだ大成功していません。

この運が絡む、リセットの効かない、やり直しができない、クソゲーの人生に、全人類が強制的に参加させられています。

 

ところで、勝ち負けにこだわるので、将棋やテニスなどでも負けると非常に悔しいのですが、これこそ「たかが将棋」「たかがテニス」であり、人生よりどうでもいい話です。

健康を害してまでやる意味はないですし、人生が上手くいっていたら、「たかが将棋」「たかがテニス」程度です。

人生なんて、そこまで大げさに捉える必要はないのかもしれません。

 

自分の人生の価値を決めるのは自分であり、他人が人の幸福の感じ方に口を挟めるわけがありません。

犯罪などを犯して、他人の権利を侵害しない限り、もしくは他人に犯罪レベルとまではいかなくても、害を与えない限り、自分の人生を生きればいいのです。

 

法律を犯したり、他人に害を与えると、他人の権利侵害や他人が苦痛に感じますので、なるべく避けるのは普通の感覚を持った人なら、理解できるでしょう。

ダークトライアド(サイコパス、ナルシスト、マキャベリスト。稀にサディスト含む)は他人に害を与えるのが好きな人種ですから、理解不能でしょうが。

 

ともかく、たかが人生です。

本当に人生で成功したいなら、本気で一生懸命に地道にコツコツ努力して生きなければいきませんが、仮にそれで上手くいかなかった場合、「たかが人生」と達観する姿勢も大事だと思います。

 

2 本当に幸せな人とは?

 

さて、本当に幸せな人生というのは、趣味を仕事にできる人だと思うのです。

 

メンタリストDaiGoは読書を仕事にし、大成功を収めました。

読書なんて趣味であり、マネタイズは難しいと思われていましたが、かなりの工夫を取り入れて、価値を生み出し、大金に換えたのです。

 

僕は読書は趣味ですが、DaiGoのようにマネタイズできませんでした。

今はプログラミングに取り組もうと考えており、これを趣味のようにできて、金に換えられたら、と願っています。

 

趣味は人生の重要度でいったら、かなり低い位置にありますが、それでも趣味が仕事になったら、無敵であり、最強だと思うのです。

普通は人は働くとしたら、1日に8時間は費やしますが、それが趣味だったら、幸せな時間の使い方になるでしょう。

 

嫌々やる行為、もしくは強制力を働かせなければ続かないことを仕事に一生し続けるとしたら、相当な苦痛な人生になります。

もちろん、趣味が仕事(天職)という人は稀なので、ほとんどの人は金のために働くわけですが、若いうちは冒険をして、いろいろなことに取り組み、趣味を仕事にし、マネタイズできないか?探ってみるのもいいかと思います。

 

30代など結婚が見えてきたら、さすがに好きなように生きるだけでは限界が来ますし、家庭を持ち、子どもがいたら、嫌な仕事でも生活のためにやらざるを得ません。

 

まぁ問題は好きなことというのは、ほとんどの人にとって快楽行為であり、花形職業が多く、競争が激しいパターンが多いという点です。

ですから、「好きなことを仕事に!」というと、白い目をむけられます。(現実を直視していないと思われます)

 

僕の場合、プログラミングという、どちらかといえばあまり人が好まないこと、もしくはハマる人はハマる、という特殊なことを趣味にできないか?探ろうとしているので、競合があまりいなく、趣味を仕事化できたら、無敵になるでしょう。

ICT業界は人手不足、正確に言えば実力のあるICT人材不足なのですが、とにかく人が足りないので、売り手市場です。

ライターはやりたい人が多く、逆に買い手市場であり、買い叩かれます。

 

ともかく、趣味を仕事化できたら、最強の人生であり、人生の成功を努力して目指すのもありですが、失敗しても「たかが人生」だと思うくらいでちょうどいい、という話でした。

とここまで書いてきましたが、以下の記事によると、プログラミング副業は大変に厳しい状況であると判明しました。

 

【やめとけ】プログラミング勉強しても意味がない人の傾向と対策

 

競合が本職のプログラマーやフリーランスプログラマーである点、副業プログラミングもリファラル案件である点などで、クラウドソーシングで月収10万円ぐらいなら可能かもしれませんが、基本的に割に合わないのです。

 

プロでもなく、本業もこなしたことがない僕のような初心者が副業でプログラミングをやるのは無謀なのです。

ですが、実はある作りたいWebアプリがあり、それを実現させるために作る可能性は1割ほどあります。(そのWebアプリを現実に作れるかどうか?をプロのプログラマーに質問したら、かなり難しいと言われたので、無理そうですけどね)

 

参考になる人がいたら、幸いです。

 

ではこの辺で。(2076文字)

 

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・YouTube動画などを元にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブロガー歴10年以上。5つのブログを運営。

ビジネス書を最低5000冊読破し、仮説を考え続ける人生を歩んでいる研究者気質。

経済学・経営学・教育・心理学・哲学・ライティング・企画発想が強み。

ライティングのお仕事の依頼、随時募集。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次