「現実を見ろ!」という意見を真に受ける必要がない件について「軽いうつ病を薬なしで治す!」

  • URLをコピーしました!

どうも、太陽です。(No104)

 

「現実を見ろ」というキーワードが、キーワードプランナーというツールで月間100〜1000回検索されていることからも、多くの人が一度は「現実を見ろ」と言われているのかもしれません。

「現実を見ろ」と一度でも言われたことがある人には響く記事だと思います。

興味がある人は続きをお読み下さい。

 

目次

1 軽いうつ状態の人。

 

「現実を見ろ」と言われて、その言葉を真に受けると、もしかしたら人によっては軽いうつ病になるかもしれません。

うつ病まではいかなくても、うつ病と健常者との間の境界例ぐらいまでにはなってしまうかもしれません。

 

特に、客観視能力が高く、成果主義・結果主義者で、世間体を気にする人が、突然、病気で解雇されて無職になったときなどは、軽いうつ病の危険性が高まります。

自分が負け組で無力感を味わうと、人はふさぎ込みます。

 

僕は「自分大好き度テストで、7点満点で性格・能力・外見、さらに総合点で何点つけますか?」とよく質問します。

この質問で、例えば、軽いうつ病の人は、性格2点、能力2点、外見1点で、総合点1点なとかなり低めにつけ、自己評価が極端に低くなりがちです。

 

自己評価が低いのは、無職・フリーターだったり、自信がなかったり、自分が嫌いだったりする上に、客観視能力や世間体を気にしており、主観で高めの点数に答えてもいいのに、低めにつけることからも明らかな自己卑下になります。

 

しかし、「幸福度10点満点で主観でいいので、何点つけますか?」という質問には9点とつける軽いうつ病の人もいて、自己評価と幸福度の相関はないのかもしれません。(世界の貧困に比べたら、日本にいる自分は恵まれているから、幸福だというのです)

 

ともかく、自分に自信がなく、ふさぎ込んでいるからこそ、軽いうつ状態なのです。

 

激務でメンタルをやられて、うつ状態になり、働けなくなって、休職するか、辞めて無職になれば、さらに無力感に襲われるでしょう。

特に世間体を気にし、客観視能力が高い人なら、自分の状態に情けなくなり、軽いうつ状態がなかなか治らないかもしれません。

 

軽いうつ状態じゃない人でも、世間的に成功していなくて、何かに挑戦しようとしている人の場合、知人や他人から「現実を見ろ!」と言われるかもしれません。

その際、僕はその言葉は無視していいと思っています。

その理由を以下、語っていきます。

 

2 「現実を見ろ!」という言葉を真に受ける必要がない件について。

 

以下の記事で、成功法則として「低辺から成功者へ意欲で成り上がるというより、成功者だからこそモチベーション高く努力できるのが人間の姿だ!」と書きました。

 

あわせて読みたい
自己啓発本を胡散臭いと思っている方へ!「自己啓発本を不要にする成功法則」PART2 どうも、太陽です。(No2)   自己啓発本を胡散臭いと思っている方がこの記事を読んでいることと思います。 確かに、自己啓発本は高額だし、翻訳本が多く、読みづらいと...

自己啓発本を胡散臭いと思っている方へ!「自己啓発本を不要にする成功法則」PART2

 

自己イメージが低辺無職やフリーターなどだと、どうしても意識高く、地道に努力を継続できないのです。

それよりも、すでに成功者になった気分で、物事に取り組んだ方がモチベーション高く、行動できます。

成功者だからこそ、その成功者の姿を失いたくなく、努力を継続できる点もミソです。

 

もちろん、まだ成功者じゃないのですから、周りから見たら「勘違い野郎」ですが、そんなことは気にせずに、地道に長期戦で努力できた方がよほど成功に近づくと皆さんは思いませんか?

「勘違い野郎」なのですが、それを周りには見せずに、自分の中だけで思い込んで、努力を続ければいいのです。

いわゆる、俳優のような生き方をするのです。

 

俳優のすべての人が、映画やドラマに出てくるようなヒーロやヒロインの人格・能力の持ち主だとは皆さん、思わないでしょう?

あれは演技であり、なりきっているだけであり、俳優の多くは外見は良いとしても、普通の人とそこまで変わりません。

つまり、俳優も映画やドラマのヒーロー・ヒロインになりきっているのです。

 

で、プライベートでは普段の素の姿で生きることで、バランスを保っています。

自分を偽りすぎると(俳優であれば日常まで演技をしすぎると)、自律神経に異常をきたし、病気になります。

ですから、スイッチを入れるときだけ切り替えて、普段は素のありのままで生きればいいのです。

 

僕はこのスイッチの入れ替えが下手で、普段のプライベートでも隙なく、意識高い系として振る舞っていました。

その結果、とっつきにくい奴などと思われていて、仲良くなるチャンスを逃していたと気づきました。

 

なので、今後は音声通話アプリ上では、自律神経を乱さないためにも、なるべく偽らず、素の姿で過ごし、とっつきやすいキャラにしようと思いました。

 

「現実を見ろ!」という忠告は無視し、長期戦で努力をし続ける覚悟があるのなら、俳優のようにスイッチを意識高く切り替えて、すでに成功者であるかのように振る舞い、自分の中だけで努力を続ければいいのです。

 

もちろん、以下の記事にあるように、「YouTuberになりたい!」という漠然とした人は、ちゃんと調べてから、目指したほうがいいです。

 

あわせて読みたい
YouTuberはオワコンなのかどうか、本を読んで調べてみた どうも、太陽です。(No103)   以前の記事で、ブロガーの将来性をSWOT分析して、合成音声ソフトを使えば、人前で話すのが好きじゃない僕でも「ブロガーからYouTuberにな...

YouTuberはオワコンなのかどうか、本を読んで調べてみた

 

現実の厳しさをちゃんと把握した上で、挑戦するなら、それはその人の人生であり、覚悟ですから、周りの人の言うことなど無視すればいいのです。

周りの人は、あなたが「自分とは遠い世界に行ってしまう!離れていってしまう」というのを無意識に感じ、それで「挑戦するな!」と引き留めている可能性もあります。

 

3 軽いうつ状態や無気力状態も、俳優的な生き方で治す!

 

そして、軽いうつ状態や無気力状態も、俳優的な生き方である程度治すことができるかもしれません。

負け組無職やフリーターという現実を敢えて無視し、自分は成功者であると思い込み、地道に努力するのです。

 

もちろん、確実に報われるとは限りません。

しかし、ダイエットも、ずっとダイエッターの人もいるように、ずっと成功者だと勘違いして生きるのもありだと思います。(3日坊主でも、ずっと続ければ、それは挫折ではなく、継続です)

現実を下手に直視するから、惨めになり、無気力になるのです。

 

それでも、「現実は現実だ!」と言う人は、結果主義者の人に多いかもしれません。

 

結果主義者の人は、プロセスに興味がなく、すぐに結果を欲しがります。

そういう人は、地道な努力自体を続ける気もないのです。

 

「結果がすぐに出ないのであれば辞める」という結果主義者ほど、軽いうつ病になりやすそうです。

言わば、白黒思考であり、勝つか負けるかであり、勝てないのであれば辞めるという極端な思考の持ち主なのです。

グレーゾーンで曖昧で、成功者じゃないけど成功者を演じ続けるという曖昧な状態に耐えられないのです。

 

そういう人ほど、エビデンスを他人に求め、権威に弱く、中身で判断する気もない残念な人なので、関わる意味もなく、縁を切ればいいと思います。

 

僕はまだ成功者じゃないですが、この成功者になりきるという姿勢のおかげで、ブログ記事を意識高く書き、継続できています。(執筆時間も、4000文字ぐらいで1時間半ぐらいです)

自分が負け組という意識で、結果をすぐに求めていたら、ブログなんてとっくの昔に辞めていたでしょう。

 

継続できるスキルを身に着けたい人には、おすすめの思考法・認知の変え方なので、ぜひ自己責任で、皆さん、試してみてください。

 

ではこの辺で。(3210文字)

 

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・YouTube動画などを元にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブロガー歴10年以上。5つのブログを運営。

ビジネス書を最低5000冊読破し、仮説を考え続ける人生を歩んでいる研究者気質。

経済学・経営学・教育・心理学・哲学・ライティング・企画発想が強み。

ライティングのお仕事の依頼、随時募集。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次