人生の目的がない人へ、僕が考えた人生の目的を提案してみる。

  • URLをコピーしました!

どうも、太陽です。(No154)

 

「人生の目的は?」と聞かれたら、あまりに壮大で曖昧で遠い世界の話のようで、すぐに答えられない人が多いことでしょう。

そんな人生の目的がない人へ、指針となる僕が考えた人生の目的を紹介しますので、参考にしてみてください。

 

目次

1 僕が考えた人生の目的。

 

僕が考えた人生の目的は「自由を手に入れること」「世の中の真理や答えを見つけること」です。

また、「老害になりたくない」「知識・スキルの最大化」を目指し、自分の居場所を作ることも挙げられます。

 

ところで、人の資産には、人的資本(スキルなど)、社会資本(人脈など)、金融資産(金)があり、これらの組み合わせの違いにより、いろいろと分類が分かれます。 

橘玲著の「幸福の「資本」論」という本によれば、人生には以下の8つのパターンがあるそうです。

1社会資本1本釣りのプア充。(例 マイルドヤンキー)
23つの資本のどれもなし。(例 貧困者)
3人的資本と社会資本の2本釣りのリア充。(スキルがあって、周りに人がいるので人生が充実しています)
43つの資本を全て備えている超充
5金融資産と人的資本の2本釣りのお金持ち(例 投資家・トレーダー)
6金融資産と社会資本の2本釣りの旦那(例 金と人脈を持っているが働いていない人気者)
7金融資産だけの退職者(例 年金もらっている老人)
8人的資本だけのソロ充(例 スキルがありますが、金と人脈がなく、1人でも充実して暮らしている人)

 

この分類についてのもっと詳しい説明はぜひ 「幸福の「資本」論」を読んでみて下さい。

 

これらの8つの人生パターンに時間も資産に加えると、時間と、金融資産と人的資本はトレードオフであることが分かります。 

金融資産を築くには時間がかかり、若者ほど自由に使える時間はあるのに金はありません。

 

また、人的資本を鍛えるのにも時間がかかり、やはり若いうちはなかなかスキルも磨かれません。 

社会資本だけは、コミュ力などで若いうちから広げることもできます。(特別な芸能人などの人脈網に入るのは厳しいですが)

 

時間という概念を加えると、限られた時間で「人的資本、社会資本、金融資産のどれを構築するのに時間を使うか?」の戦略が大事なことがわかります。 

ここに、経験や思い出なども加えると、さらに複雑になります。 

若いうちの青春時代はもう取り戻せないのです。(思い出です) 若いうちに、青春を思う存分楽しんでも、スキル構築に怠けていたら、将来、金融資産を築くのが遅れます。

 

比較的理想的なのは、若いうちに青春を思い切り楽しんだ後、大金持ちと結婚し、金持ち経由の社会資本と金融資産を手に入れることでしょうかね。ただし、人的資本が蓄えられていないので、それはそれで不安材料だと思いますが。

 

話が逸れましたが、自由を手に入れるためには、人的資本ですぐに稼げるという安心感を得つつ、金融資本を蓄えて「金がいつでもあるぞ」と安心感を抱き、社会資本によって人といつでもつながれてGive&Takeの助け合いができるという安心感と楽しさを持つのが大事だと思います。

 

自由とは選択肢の多さであり、時間的自由、金銭的自由、精神的自由があります。これらを達成するために、人的資本・金融資本・社会資本の3つを充実させるのが重要だと思うのです。

ただし、僕の場合、孤独をそこまで恐れておらず、社会資本に関してはそこまで重要視していません。普通の感覚の人は人間関係が一番、幸せに関係しているので重要視したほうがいいです。(孤独はタバコと同じぐらい健康に悪いです)

 

大事なのは「知識・スキルの最大化」「老害になりたくない」という人生の目的通り、人的資本の充実であり(常に向上心を持って頑張る)、次に金融資産です。

これに加えて、「世の中の真理や答えを見つけること」も人生の目的なので、ガーシーの暴露本「死なばもろとも」(芸能界の闇を暴露)を良書だと感じたり、陰謀論のような本にも関心があるのです。(陰謀論はあまり信じていませんが)

 

メンタリストDaiGoはガジェットなどで一番最適なモノは何か?を探すのが大好きで、それは答えを追求しており、僕と似ています。

DaiGoは他社からの案件はほとんど受けず、自分で試行錯誤して試して良かったモノを紹介し、それが売れると、他社はなぜ売れたのか?突き止めてきて、DaiGoに行き着き、「もっと紹介してくれないか?」という逆案件を受けるそうです。

そういう最適なモノは何か?という答え探しも真理を探すことと似ていますが、僕はそれよりも、世の中の闇や裏の真実を知りたい欲求が強いです。(だから、ガーシーの暴露やスノーデンの暴露など好きなのです)

ですが、iPhoneじゃなくて、中華スマホがコスパが良いと探し求めた通り、コスパが良い隠れた逸品を見つける、または本であれば隠れた名著を探すのも大好きです。

 

以上、僕の人生の目的を書いてきましたが、意識が高かったでしょうか?

 

もっと普通の感覚の人でいえば、三大欲求を満たすや、幸福な家庭を作る、などでも良いと思います。

名誉や地位を求める人は最近の人は少なくなったように感じますね。

強いオスとして、権力を拡大するタイプと、自由を求めるタイプがいて、権力拡大型は目立ちますが、自由型は控えめなのでそこまで露出しないという話があります。

 

2 普通の人の人生設計で、ある程度うまくいくやり方。

 

意識高く、人的資本・金融資本・社会資本を伸ばす生き方もありますが、普通の感覚だと厳しいと感じますよね?

そこで、普通の人で、月収20万〜40万ぐらいでも、ある程度うまくいく人生設計として、投資節約があると思います。(僕も意識高い人生の目的は持っていますが、投資と節約を超重要視しています)

 

極力、節約生活をして、コスパの良いモノやサービスだけを選び、あとは金を貯めて、投資に回すのです。

やり方次第では、60歳頃には2000万〜4000万ぐらいは貯まっているでしょう。4000万貯まり、4%で運用できれば、毎年160万は手堅く入ってきます。

 

問題は「老後まで節約生活を続けないといけないのか?」「楽しみを先に伸ばすのか?」「持ち家を買えないのか?」などの点でしょう。

 

持ち家か賃貸か?については以下の記事をお読みください。

https://totalsavingsera.osusume-etc.com/housinginsuranceinvestmentetc/100/

賃貸VS持ち家「本を読んだら、持ち家だ!と書かれていたが、本当なのか?」

 

節約生活といっても、コスパの良いモノを探すので、そこまで生活の質は落ちないと思います。

なにより、若くしてFIREしたり、早期リタイアするためには遺産を継ぐか、なにかのビジネスで大当たりするか、投資で儲けるか、などしか手段がないのです。

それらの道は茨の道であり、普通の感覚やワークライフバランスなどというような甘い考えでは到達できません。

普通の人にとって、抜け道・裏道は世の中にはほとんどなく、王道こそが正解であり、それは節約投資堅実な稼ぎなのです。

 

僕は節約ブログで、節約と投資について記事をこれから更新していきますので、ぜひ継続的に読んでくだされば、と思います。

https://totalsavingsera.osusume-etc.com/

 

ではこの辺で。(3141文字)

 

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・YouTube動画などを元にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

 

参考・引用文献。

「幸福の「資本」論」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブロガー歴10年以上。5つのブログを運営。

ビジネス書を最低5000冊読破し、仮説を考え続ける人生を歩んでいる研究者気質。

経済学・経営学・教育・心理学・哲学・ライティング・企画発想が強み。

ライティングのお仕事の依頼、随時募集。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次