コミュ症でもできる仕事ってある?「コミュ症でも大金を稼げる仕事はこれだ!」

  • URLをコピーしました!

どうも、太陽です。(No114)

 

コミュ症でもできる仕事ってあるのかな?と思った人がこの記事にたどり着いていると思います。(正確にはコミュ障と書くようです)

コミュ症でもできる仕事はあります。しかも、高額な給料をもらえる仕事をピックアップしてみたので、興味がある人は続きをお読みください。

 

高額なだけあってハードルが高い仕事ですが、人と頻繁に会って仕事をするのがかなり苦痛な人にはこの方法しかないと思われるので、背水の陣で臨んでください。安価な仕事なら、倉庫の仕事など、アルバイト系があるので、それをやってください。

 

目次

1 コミュ症とは?

 

まず、コミュ症とは、人間と接するのが下手でトラブルばかりの人や、気疲れやすいHSP気質の人や、とにかく人となるべく会いたくない人を指すこととします。

 

僕もどちらかと言えば、コミュ症であり、営業マンや接客業はまったく向きませんし、完全在宅で仕事をしたいと思っている派です。

ですが、直接人と頻繁に会うのは疲れますが、たまに気心の知れる人と会ったり、音声通話アプリで話す程度なら、逆にコミュ強ぶりを発揮します。

その理由は、人の心理が手に取るように分かるからであり、やばい人を除いて決定的に人に嫌われることが少ないからです。(逆に、ネット上で友人を作るのが得意です)

 

しかし、リアルでの直接交流はかなり疲れるのでやはりコミュ症であり、だからこそ、今回の記事は僕向けへの記事でもあるのです。僕と似たようなコミュ症の人、人となるべく会いたくない人は、参考になる記事だと思います。

では、コミュ症でも大金を稼げる仕事を紹介していきます。

 

2 コミュ症でも大金を稼げる仕事1 「アフィリエイター」

 

コミュ症でも大金を稼げる仕事その1は、アフィリエイターです。

ブログを運営して、アフィリエイトで稼ぐ仕事です。アフィリエイトは検索すればたくさんの記事がヒットするので詳細は省きます。

 

僕の知り合いは、ゲームアフィリエイトで月収100万以上を稼いでいます。

そこまで到達するのに、副業で2年、専業で2年で合計4年かかりましたし、400記事以上も書いていて、1記事につき5000文字〜8000文字はありますし、平均滞在時間は8分もあり、400記事のうち少なくとも100記事は検索上位1〜3位を確保しているそうです。

 

僕はブログはオワコンという記事も書いていて、理由は99%の人は脱落し、昔よりも楽して稼げるビジネスじゃなくなったからなのですが、1%未満の強者はまだ稼げるのです。 

あわせて読みたい
ブログはオワコンだと言われるが、本当だろうか?ブログの始め方も解説! どうも、太陽です。(No108)   「ブログはオワコンだ!」と一部では言われているようですが、僕は「99%のブロガーは大して稼げない」と思っており、ということは「オワ...

ブログはオワコンだと言われるが、本当だろうか?ブログの始め方も解説!

 

その知り合いのプロフィールはかなり立派であり、凡人が真似するのは至難の業だと思われます。(かなりの高学歴。元々、プロのライターなど、アフィリエイターになるのに有利だった。ちなみにその知り合いはコミュ症じゃないです)

 

しかし、コミュ症で後がない人にも、死ぬ気で頑張れば月収100万の道が存在するという希望の星の事例として紹介しておきました。

正直、東大に合格する方が楽かもしれませんが、自分は東大に合格できるし、アフィリエイターで大金も稼げるという、よく言えば根拠のない自信がある方は目指してみるといいかもしれません。 

月収20万程度なら、方向性を間違えず、死ぬ気で頑張れば到達可能かもしれません。

 

3 コミュ症でも大金を稼げる仕事2 「プログラマー」

 

IT業界は普通の業界と比べて、「コミュ症が圧倒的に多い」と言われています。

営業職は人と接する仕事なので、会話術がないとそもそもできませんが、プログラマーはパソコンに向かってプログラムを書く仕事なので、最低限のコミュニケーションさえ取れれば成り立つのです。

 

しかも、日本ではIT人材不足が言われていますから、人手不足であり、コミュニケーションに多少の難があっても採用するのです。

 

「友達0のコミュ障が「一人」で稼げるようになったぼっち仕事術」の著者も、かなりのコミュ症ですが、現在はフリーランスプログラマーとして大金を稼いでいます。

しかし、この著者も経歴が立派であり、早稲田大学理工学部卒業、その後、新卒でITコンサルティング企業に入社しています。その後、挫折し、小説家やYouTuberになろうとしたり、起業を試みたり、とにかく行動力が半端ないのです。

 

他にも、僕が知っている元知り合いで、月収100万程度のコミュ症のフリーランスエンジニアがいます。(彼の経歴もなかなか凄いです。そこそこの高学歴。サイバーエージェントに入社している など)

 

コミュ症でも、一度はどこかのIT企業に入社してキャリアを積んでから、独立しないと、人付き合いから完全に自由になれません。大変な道ですが、アフィリエイターと比べると、人によっては実現しやすい道かなと思います。

 

アフィリエイターでも月収100万到達するのに4年くらいかかるとして、フリーランスプログラマーとして独立し、月収100万いくのもだいたい4年ぐらいかかるので、年月はそれなりにかかります。

将来、コミュ症で、フリーランスプログラマーになろうという野心のある方は、「友達0のコミュ障が「一人」で稼げるようになったぼっち仕事術」の体験記を読んで、参考にしてみるといいかもしれません。

 

プログラミングでお勧めの本として、以下があります。

「プログラミング未経験の文系が独学で年収1000万ITエンジニアになるための入門書」

僕もこの本を参考にしてWebサイト制作の仕事をやろうと勉強中です。(バックエンドまでやるプログラミングの仕事はきついので、僕にはできないなぁと感じました)

 

4 コミュ症でも大金を稼げる仕事3 「起業家」

 

以下の2冊の本の著者はうつ病で人間嫌いなのに、起業して大金を稼いでいます。

「うつでも起業で生きていく」

「人間ぎらいのマーケティング 人と会わずに稼ぐ方法」

 

この人も経歴が立派であり、独学で慶應義塾大学環境情報学部に入学し、在学中に勉強アプリを作り起業するも大失敗しています。その後、ネット家庭教師を設立している強者です。

本に詳しい事業戦略や、うつ病の人でも生きていける手法や、人間嫌いの人でも人と会わずとも稼ぐ方法などが載っており、非常に参考になります。

 

5 その他の、コミュ症でもある程度の収入を稼げる仕事。

 

上記の3つほど大金が稼げるわけじゃありませんが、ほぼ人と会わないで稼げる仕事もあります。

 

・Webライター。

Webライターになりたい方には、以下の本を勧めておきます。

「副業・在宅OK、未経験からはじめられる 「文章起業」で月100万円稼ぐ!」

 

ほんのひと握りでしょうが、月収100万円を超える人もいます。

 

・ハンドメイド作家。

ハンドメイド作家で、僕の知り合いで月収10万程度を安定的に稼いでいる人がいます。 

などがありますね。

 

6  最後に。

 

コミュ症は普通の社会で生きていく上ではハンデです。人と交流しないと仕事が成り立ちづらいのが社会だからです。

 

ですが、昔はなかったICTの登場によって、コミュ症でも人と会わずに仕事ができる環境が整いました。(リモートワークも昔と比べたら、普及しました)

コミュ症は世間の常識とは違う道を選ばなくてはいけません。圧倒的な専門知識やスキル(ICTや法律やライティング力など多数)がないと、生き残れないのです。

 

コミュ症はハンデがありますし、普通の社会では生きていけないわけですから、背水の陣で臨めるわけで、逆に言えば選択肢がないので、進む道で迷うことがなくなります。 器用貧乏で、なんでもそこそこそつなくこなせる人ほど、進路選びに迷い、時間を浪費するのです。

 

営業マンや接客業は人と頻繁に会う仕事であり、人間嫌いにはきつい仕事ですが、営業マンは歩合制の場合は大金を稼げる場合もあるのに対し、接客業はほとんどの人は薄給です。そう考えたら、コミュ症でも「成功すれば、逆に良い人生だったのかも」と思える日が来るかもしれません。

 

コミュ症が大金を稼ぐまでには、試練の連続であり、最低4年はかかると思われますが、進路選びに迷っていたコミュ症の人は、今回の記事で「退路を断ち、進むべき道を選び、実行してください」と言いたいです。

僕も、退路を断ち、実践中です。共に頑張りましょう!

 

ではこの辺で。(3485文字)

 

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・YouTube動画などを元にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

 

参考・引用文献。

「友達0のコミュ障が「一人」で稼げるようになったぼっち仕事術」

「うつでも起業で生きていく」

「人間ぎらいのマーケティング 人と会わずに稼ぐ方法」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブロガー歴10年以上。5つのブログを運営。

ビジネス書を最低5000冊読破し、仮説を考え続ける人生を歩んでいる研究者気質。

経済学・経営学・教育・心理学・哲学・ライティング・企画発想が強み。

ライティングのお仕事の依頼、随時募集。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次