本当の幸福とは何か?「幸福観による日本の理想の国家像」

  • URLをコピーしました!

どうも、太陽です。(No147)

 

以下の記事で、年収100万で幸せになる方法を書きました。

 

あわせて読みたい
年収100万で幸せになる方法 どうも、太陽です。(No145)   年収100万というと生活保護水準(単身者でも年間120万〜156万もらえる)を下回るので、おそらく実家住まいのバイト暮らしか、実家住まいで...

年収100万で幸せになる方法

 

答えは「そんなものはない」でしたが、幸福の条件として、健康・人間関係・金銭面を挙げました。

特に金銭面については、年収800万まで稼げばマイナス面が大幅に減り、幸福としてはMAXになり、そこからは1000万ぐらいで少し下降し、1200万からはまたプラス方向が増えるので、緩やかに幸福度が上がっていくという話でした。

 

年収100万の人達はどういう人達か?も想定していますが、そもそも幸福を考えられるだけでも幸せだともいえ、年収150万の生活保護同等のブラック企業で働く人達は幸福を考える時間さえないのです。

年収100万で幸せになる方法はないですが、一つの考えられる手段として精神を鍛えることを挙げました。(具体的な方法は記事を読んでください)

 

今回の記事では、もっと幸福について突っ込んだ内容を書きます。つまり、本当の幸福とは何か?です。さらに、幸福観による日本の理想の国家像についても書きます。興味がある人は続きをお読みください。

 

目次

1 本当の幸福とは何か?幸福を感じる瞬間。

 

まず、僕たちが幸福を感じる瞬間として以下があると思われます。

13大欲求を満たしたとき。(食欲、睡眠欲、性欲)
2知的欲求を満たしたとき。
3落差から幸福を感じる。
4プラスを増やしたとき。
5マイナスを減らしたとき。(安心感など)
6ペットや美女やイケメンや子供と絡んだとき。
7誰かの役に立ったとき。(いい人限定。HSPも該当)

 

具体的に見ていきましょう。

 

3大欲求はわかりやすいです。ただ、3大欲求は満足度は高いものの、その場限りであり、すぐに消えてなくなり、思い出としても残りにくい点がネックです。(常に、消費し続けないといけません)

 

知的欲求を満たしたときも知識人やIQが高い人や好奇心が強い人は幸せを感じます。

マイルドヤンキーみたいに「仲間とつるんでいれば幸せ」という人達だと、知識欲がそもそも少ないので、読書や将棋やディベートなどで幸せを感じることは少ないのです。

知的欲求の幸せの良い点は、振り返り、思い出して何回も楽しめる点です。

 

落差から幸福を感じるとは、例えば断食をして、苦しい思いをする、つまりマイナスにして、そこから何かを食べる、つまりプラスにすると、より一層幸福を感じるということです。

サウナで熱くて苦しんだあとに、冷たい水を浴びるのも同じです。運動も該当し、極端な話、マラソンランナーの究極の快感、ランナーズハイもあります。

ある人は、包丁を持ち出すような彼女と交際していたそうですが、恐怖を植え付けられても、その後に優しさを見せられて、その落差に幸福を感じたと言います。(DVで離れられない女性のようですね)

ギャンブルも当てはまり、ジェットコースターのような人生を歩むことに幸せを感じるタイプです。

 

プラスを増やしたときとは、何か楽しいことをしたり、金銭を得たり、認められたり、とにかくプラス方向に向かったときに幸福を感じることです。大金を得たや、名声を得たや、親しい友達と遊んだなども含まれます。

 

マイナスを減らすとは、苦痛なことを減らす、例えば満員電車を避けてリモートワークや、貯金による安心感や、嫌いな人となるべく合わずに好きな人とだけ付き合うや、苦手なことを避けて安定・安心を得る、ことです。

 

僕は、以下の記事でも書きましたが、外向型は覚醒レベルから普段から低いので刺激を求め、逆の内向型は覚醒レベルが普段から高いので、刺激を避けます。(ほとんど人は中間の両向型に分類され、普段から覚醒レベルが高くもなく、低くもない最適レベルです)

 

https://lovehacksalon.osusume-etc.com/communicationskills/289/

パーソナリティを測るビッグファイブやエニアグラムのタイプやコミュ力向上全般方法「あの人はなぜ、あのような行動を取るのか?行動原理を暴く記事」PART1

 

また、幸福の容量(キャパシティ)も人によって差があり、小さい人はすぐに満足し、埋まりますが、大きい人はなかなか満足せず、いつまでも追い求めます。要は、欲深くないか、欲深いか、とも言い換えられるでしょう。

欲深くない人は、出世や美女や大金などを求めず、もっと小さなことで満足し、平穏に暮らします。対して、欲深い人は、地位や名声や美女や大金を求め、貪欲に追い求め続けます。

欲深くない人の方が幸福感は感じやすいです。(美食でしか満足できない人は金がかかります。普通の食事で満足できる人は金もかかりません)

 

SNSは比較ツールであり、自分を超える他人がかなり表示されるので、真似したり、追い求めようとすると、理想がどんどん上がり、なかなか満足できなくなり、不幸になります。

加えて、僕らは幼少期から、受験・就活・婚活・出世・ルックスなど比較されまくっており、「比較するな!」というほうが無理筋です。

しかし、なるべく比較しないで生きるのは幸せの道であり、例えば地元の友達とつるみ、そこそこの人と結婚し、SNSもそこまで見ない、知的欲求も高くないマイルドヤンキーは幸せを感じやすいです。

 

以下の4つで皆さんは、どれくらい当てはまりますか?(複数可であり、割合で答えてかまいません)

1周りを気にする人間。(個人の人というより、社会的に)
2周りを気にしない人間。(個人の人というより、社会的に)
3自尊心の範囲が自己で収まる。
4自尊心の範囲が他者の賛同というものに依存。(承認欲求)

 

僕は、コロナ禍のときはサングラスでマスクをかけて、日傘をして、外をランニングしていました。

これだけでなく、道徳的にも社会的に世間の目を気にしない人であるなら、周りを気にしない人間であると言えるでしょう。

僕は周りを気にしない割合が70%であり、周りを気にするが30%ぐらいだと自己分析しています。

 

自尊心の範囲が自己で収まるは、自分で自分を認められるか?であり、これも僕は70%であり、他人の意見は参考になる場合は取り入れますが、基本的にそこまで影響を受けません。

自尊心の範囲が他者の賛同というものに依存、いわゆる承認欲求の強さは30%です。僕はそこまで承認欲求は強くないです。逆に、褒められると、他人の操作の意図を感じ、やりがい搾取か?お世辞か?と疑うほどです。

このような周りを気にせず、自尊心がある状態も幸福度を高めます。周りの目を気にしすぎて、他人の評価に左右され、承認されないと満足しないのであれば不幸です。

 

話を戻します。

 

ペットや美女やイケメンや子供と絡んだときもわかりやすいでしょう。癒やされます。

 

誰かの役に立ったときも幸せを感じる人がいますが、いい人限定です。HSPの人は感受性が強く、他人が喜ぶ姿に共感できるのでそれで幸せを感じられるのです。

 

また、ある精神疾患を抱えた人がいて、心理学を深堀りしたり、自己分析をしたり、いろいろとしてきましたが、結局はパートナーと結婚できて、自分で月収100万以上稼げるスキルを獲得した現在が、幸せだと言っています。(友達はかなり少ないし、身体も病弱だけど、その2つが決定的にその人が欲しかったモノなのです)

望むパートナーと月収100万以上を稼げるスキルがあると、味方がいる安心感と誰かが離れても自立できる自信が養われることによる安心感があるので、精神が安定するのだと思われます。

逆に、パートナーがいなく、自力で高額を稼げるスキルがない場合、不安感が高まります。そんな状態で、心理学や自己分析をしたところで、到底自分を納得させることは難しいのです。

ならば、欲しいモノを手に入れられる可能性が残っているのなら、猛烈に頑張り、追求するべきだと思います。

この幸福観を元に、日本の理想の国家像を考えてみます。

 

2 幸福観による日本の理想の国家像。

 

幸福観を前提に、日本の理想の国家像を構築するとなると、まず比較をしない精神が求められます。

しかし、競争社会である以上、ある程度の比較はどうしてもせざるを得ません。そこで、似たもの同士を集めたコミュニティを各地に作る構想が思い浮かぶのです。

 

似たもの同士は気が合い、価値観が合うので、衝突もそこまでせず、平和に、さらに切磋琢磨して暮らせます。

金持ちの都市、IT起業都市、犯罪率の高い西成のような都市、ワークライフバランス重視都市、など多様な都市が思い浮かびます。

それぞれ都市によって集まる人の性質が変わるので、そこに集まった人達は似たもの同士なので幸福感が上がると思われます。

 

今まで問題だったのは、都市の中に異質な人達が点在していたことだったのです。異質であれば排除されがちであり、比較によって、劣等感も感じます。

しかし、高レベルな知能の持ち主同士で集まれば高度な競争で切磋琢磨でき、低レベルな知能の持ち主なら、低レベルで楽な競争をすればそこまで苦しまなくて済むという理屈です。

 

まぁ目的に沿った都市を構築するのはいきなりは厳しいでしょう。

また、各々の人は、企業・学校・家庭・その他の場所などコミュニティに所属しています。

コミュニティにおいて、その価値観に合っており、人間関係も良好で排除されなければ幸せを感じやすいでしょう。

 

結局、人間は似たもの同士が集まり、多様性なんてものは絵空事なのです。似たもの同士がコミュニティを作り、異質なコミュニティ間でほどほどの距離を取り、お互いにそこまで干渉せず、「日本に存在は許されるよね!」程度の多様性でしかないのです。

また、多様な人がいるからこそ、何か危機が起きた際、生き延びる可能性も上がるのですが、似たもの同士のコミュニティが骨格であり、似たもの同士のコミュニティに異質が混じると、混乱の元になるのです。

 

金持ちのコミュニティに入りたければ、そのコミュニティに入れるほどの魅力や能力が必要であり、なければ入れませんし、自分に合ったコミュニティに入るだけのことです。

分断というのは、お互いのコミュニティが衝突し、争うことであり、共存であれば衝突はせず、それぞれのコミュニティの存在が認められ、それぞれの道を行くだけの話なのです。

もしくは一匹狼の人もいれば、いろいろな複数のコミュニティを掛け持ちして所属している人もいるでしょう。(リアルだと、移動の手間がかかりますが、ネットなら自宅からでも参加できます)

 

ぜひ、幸福度を重視するなら、自分に合ったコミュニティを探し、所属することです。(高望みしてもいいことはありません)

また、自分に合ったコミュニティがないと感じたら、自分でコミュニティを立ち上げるのも手です。

以上、コミュニティ論と、幸福観による日本の理想の国家像でした。

 

ではこの辺で。(4209文字)

 

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・YouTube動画などを元にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブロガー歴10年以上。5つのブログを運営。

ビジネス書を最低5000冊読破し、仮説を考え続ける人生を歩んでいる研究者気質。

経済学・経営学・教育・心理学・哲学・ライティング・企画発想が強み。

ライティングのお仕事の依頼、随時募集。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次