メタバースは日本では流行らないと思われるが、弱者の居場所として価値がある

  • URLをコピーしました!

どうも、太陽です。(No144)

 

前回の記事で、「メタバースは日本では広く流行らないと思われるが、一部のゲーマー達の間だけでは流行る可能性もある」というタイトルで記事を書きました。

 

あわせて読みたい
メタバースは日本では広く流行らないと思われるが、一部のゲーマー達の間だけでは流行る可能性もある。 どうも、太陽です。(No113)   メタバースやNFTなど、昨今、本もたくさん発売され始め、「次第に一部の人達には認知も広がってきたのかな」と感じます。 「メタバースが...

 

メタバースが日本で流行らない理由として、以下を挙げました。

1VR機器など、導入費用がかさむ。
2VR機器を狭い日本の家で存分に使うには不便すぎる。
3NFTを用いたデジタルデータの希少性ビジネスは、コンプガチャなど一部の熱狂的なゲーマーだけに受けいれられるに過ぎない。

逆に、日本で流行る理由として、以下を挙げました。

1 アメーバピグが日本で一時期、流行った実績がある。(ちなみに、2003年にセカンドライフというメタバースが海外で生まれています)
25GやゲーミングPCが普及し出した。
3投資家が注目し、Facebookも社名をメタに変え、勢いがある。

 

詳しくは記事を読んでもらいたいのですが、結論として、メタバースは日本では広く流行らず、一部のゲーマー達(コレクターや転売屋やパトロン含む)の間だけで流行る可能性がある、としました。

一部のゲーマー達の間だけで流行るだけで終わると僕は予想していますが、そのゲーマー達はどちらかといえばリア充ではない弱者だと僕は考えており、今回の記事を書きます。

興味がある人は続きをお読みください。

 

目次

1 メタバースを熱心にやる層はリア充ではないゲーマーや弱者。

 

メタバースを熱心にやる層はリア充ではないゲーマーや弱者というのが僕の主張です。

 

なぜなら、以下の特徴がメタバースにあるからです。

1仮想空間。(現実世界より、仮想空間で人は暮らすようになると言うが、怪しい)
2 アバターなどを使い、リアルの人間を隠す構造。
3メタバース結婚や仮想現実の恋人などを謳う。(リア充じゃない人を取り込む狙い)
4メタバースで新しい職業が生まれ、稼げるようになる。(不動産やデザイン物やeスポーツなど。投機目的も多い)
5メタバース旅行と謳う。(リア充じゃない人狙い)

 

リアル生活が充実している人にはそこまで切実に必要だと思うモノがかなり少ないのです。

ただ、アバターで30代以上の女性が外見のアイコンを若く見せ、年齢不詳の女性とすることで、現実では考えられないような人と絡むという遊びはできますね。(Gravityという音声アプリではすでに起きています)

 

男性でも40代以上が、アイコンを若く見せて、年齢不詳にすれば同じことができます。

ただし、Gravityなどの音声アプリもそうですが、単なる話し場所として使う分なら、そこまで年齢などは問題にならないだけです。

これが結婚や仮想現実の恋人までいくと、カップル成立に果たしてなるか?ですね。(年齢不詳で、外見も不明な人と恋愛したい人、いるのですかね?)

 

また、結局は、他のSNSもそうですが、広くいろいろな人達と繋がれると思われがちですが、結局は似たような価値観を持った者同士でつながる、狭い世界なのです。

「IQが20違うと話が通じない」と言われれているように、頭の良さや価値観や趣味嗜好が異なれば、メタバース内でも深い付き合いに至らないと思います。

 

以下のKindleUnlimitedに入っていれば無料で読めるKindle本もあります。

「高知能者のコミュニケーショントラブル: IQが20違うと会話が通じない」

 

Gravityの音声通話アプリでさえ、深く仲良くなれるのはほんのひと握りです。

 

また、メタバース旅行なんてしても、現実の旅行ほどの感動は得られないでしょう。

メタバース内で職業が生まれるのはそうだと思いますが、一部のゲーマーや弱者が集まるだけで、大衆にまで広がなければどこかで息詰まると感じます。

 

しかし、だいぶ物質的に豊かになった現代社会において、今後のテーマになりそうなのが、退屈解消と孤独解消と貧困です。

退屈解消と孤独解消と貧困の3つを解決できそうなのが、メタバースであるとも言えます。なぜなら、仮想空間で暇つぶしを格安でできますからね。(弱者に優しいのです)

 

老人はIT機器に疎いので、メタバースとは相性が悪そうです。本来なら、一番、孤独に陥りがちな層なのですけどね。(リアルの家族や親戚づきあい、TVで孤独を解消している姿が浮かびます)

 

20代・30代ぐらいは、すでにメタバースと似たようなモノ、例えば「おいでよ どうぶつの森」や様々なオンラインゲームや、音声通話アプリなどで暇をつぶしています。メタバースがそれらを超える画期的なモノだとは僕には映らないんですよね。

それぞれの企業が競い合い、ユーザーを囲い込む競争になるとしたら、規模の経済が働き、一定のユーザー数を取り込んだ企業がメタバース競争で勝ち抜けるということになります。

 

しかし、現実は、それぞれのメタバースらしきモノにユーザーが分散されています。

どこかのメタバースに取り組んでいる企業が1人勝ちして(例えば動画市場のYouTubeのように)、確固たる地位を築けるか?というと僕は怪しいと睨んでいます。

それぞれのメタバースらしきモノに、各々のユーザーが分散され、確固たる産業に発展しないのではないか?と。

 

2 メタバースが流行らない決定的な理由。

 

さらに、僕が思うメタバースが流行らない決定的な理由は以下です。

所詮は、「おいでよ!どうぶつの森やセカンドライフの改良版に過ぎない」という認識だからです。

 

「おいでよ!どうぶつの森」のように、仮想空間内を自由に動き回り、会話をしたり、することは楽しいですが、移動時間も使いますし、単なる暇つぶしです。

ゲーマー達はゲーム自体が楽しく、単なる暇つぶし大歓迎勢ですから、メタバースに飛びつくでしょう。

 

ですが、もっと一般大衆はリアルの世界も大事にしており、なおかつ目的別に、もっと効率よく暇つぶしを含め、時間を有効活用できるツールを優先的に使うと思うのです。

活字での情報収集・発信(今では会話も可能)なら、Twitterになり、写真や映像ならInstagram、動画ならYouTubeTiktok、映画ならNetflixAmazoPrime、音声通話ならGravityYaySKYPEZOOMDiscordなど、時間を有効に使う競合は腐るほどあります。

その中で、メタバースという、目的が特にない壮大な暇つぶしに時間を使うか?となると疑問符なのです。(もっと目的に特化した競合に勝てるほどの魅力がメタバースにはないということです)

 

時間の有効活用は人生において皆さんの重要事だと思いますが、壮大な暇つぶしに使うとしたら、賢い人は目的別に最短で達成できるツールを選ぶでしょう。

メタバースが大半の競合を蹴散らして、皆さんがかなりハマり、時間の大半を使う日々になると思いますか?(競合も存在しているのに)

「おいでよ!どうぶつの森」やセカンドライフの改良版(だと僕は思っている)に、一般大衆が大半の時間を使うのでしょうか?

 

ビジネスが絡んできて(例えば仮想通貨など)、東京大学がメタバース大学を始めたように教育も絡んできても、そこに一般大衆が皆、集約し、住み着くことになるとは僕は思えないのです。

イノベーターやミーハーは飛びつくでしょうが、一般大衆まで普及する、いわゆるキャズム(溝)を超えないのではないか?と予想しています。

ポケモンGoのように一時的に大ブームになりますが、その後、ゲーマーだけのモノになる流れもありえるでしょう。(飽きて、使わなくなるのです)

 

僕はメタバースは少なくとも日本では流行らないと予測しますが、皆さんはどう思うでしょうか?

あくまで、自己責任で判断してくださるよう、お願いします。(僕の意見も一意見に過ぎません)

メタバースが流行るとしたら?という視点からの記事も書いていますので併せて読んでもらえたら、と思います。

あわせて読みたい
メタバースが流行るとしたら、どのような方向性に向かったときだろうか?の答えを提示してみる どうも、太陽です。(No146)   僕は以下の2つの記事で「メタバースは日本では流行らない!」と結論づけました。   https://osusume-etc.com/ict/1446/ メタバースは日...

 

メタバースが流行らないという主張の決定的な記事が以下です。運営会社側の事業構造や継続性の視点まで踏み込んだ記事で驚かされました。

https://blogs.itmedia.co.jp/fukuyuki/2022/08/post_105.html

メタバースもうダメじゃね?

 

それよりも、中小企業や中小零細企業や個人の方は、コロナ禍を耐え忍び、くぐりぬけ、新たな道に進むために、国の補助金を利用してみてはどうでしょうか?と提案したいです。

以下のHPから、僕のパートナー行政書士の方へ、補助金申請を申し込むことができます。

 

興味がある方はご覧になってください。

https://kumabayashi.osusume-etc.com/

ではこの辺で。(3495文字)

 

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・YouTube動画などを元にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

参考・引用文献。

「メタバース見るだけノート」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブロガー歴10年以上。5つのブログを運営。

ビジネス書を最低5000冊読破し、仮説を考え続ける人生を歩んでいる研究者気質。

経済学・経営学・教育・心理学・哲学・ライティング・企画発想が強み。

ライティングのお仕事の依頼、随時募集。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次